NSOスポーツジム Official Blog

仙台駅東口のフィットネスクラブ「NSOスポーツジム」の最新情報を更新!

【成長期アスリート】「ご飯を3合食べないと試合に出してもらえない」は理不尽?それとも当たり前?

f:id:nsosportsgym:20181103224135j:plain

facebookのタイムラインでこんな記事を目にしました。

 

▼「毎食”米3合食え”と迫られる野球少年の壮絶」 by 東洋経済オンライン

toyokeizai.net

  

皆さんはどう思われましたか?

記事ではこんなことが書かれていました。

 

・少年野球の監督の指示で1食に米3合を食べることがノルマで課されている

・夕方から始まる練習が終わるのは夜9時で、そこから米3合を食べるとなると夜12時までかかってしまう

・野菜や肉などのおかずは食べなくていいと言われており、また米3合のノルマをクリアしないと試合には出してもらえない

 

<それに対する専門家の方の見解>

本当に驚きました。本来なら小学生が就寝すべき夜9時まで練習し、それから米3合食べて就寝が夜中では、成長ホルモンが分泌する時刻に間に合わないので身長が伸びません。夜中に食べることで胃腸がもたれて朝ごはんがしっかり食べられないため、日中の活動に支障をきたします。本末転倒です

 

”3合”が目的か、選手としてのレベルアップが目的か

よく本などで強豪チームやトップアスリートの「食トレ」を目にすることがあります。私も高校球児のころ強豪・帝京高校の3合飯の話を耳にして「強豪校はこれだけ食べているのか、、」と驚かされ、食事の量はかなり増やしていました。そのおかげか少しずつ体重が増え、体も大きくなっていった記憶があります。時には確かに1回にご飯3合相当の食事を摂ったこともありました。

 

vk.sportsbull.jp

 

では、今回の記事にあげられているような小学生アスリートには3合飯をノルマで課すべきなのでしょうか?また、それが高校球児であるならどうなのでしょうか?

 

お米を食べる目的とは?

お米には糖質が多く含まれています。糖質はアスリートの体を動かすエネルギーの源になる栄養素です。いわば車でいうガソリンの役割があり、運動量が多くなればなるほどたくさんのエネルギー源(糖質)が必要になります。たくさん練習や試合で動いているのに糖質が足りていないと動けなくなってしまいますし、体自体もなかなか大きくなりません。

 

よって練習量・運動量が多いアスリートはお米などからシッカリ糖質を摂ることが大切になります。水泳界のレジェンドであるマイケル・フェルプスアメリカ)はとてつもない量の食事を摂っていたという逸話を残しています。フェルプスの凄まじい練習量には相応の食事量が必要だったということでしょう。

www.businessinsider.jp

 

高校球児もフェルプスまでとはいかなくとも、練習ではかなりのエネルギーを消費すると考えられます。その中で野球の競技特性を考えれば、身体を大きくすることが必要となる選手は多いでしょう。そうなれば必然的に食事の量も多くなってくるはずです。

nsosportsgym-sendai.hatenadiary.jp

 

では、小学5年生に3合飯は必要なのか?

大型トラックと軽自動車とではガソリンの容量タンクの大きさにかなりの差があります。車種によっては10倍もの差があるようです。

f:id:nsosportsgym:20181103214834j:plain

 

軽自動車と大型トラックとでは「ガソリン満タン」の量も大きく違います。極端な例ではありますが、小学生に3合飯を課すのは言うなれば大型トラックに満タンに入れるガソリンを、軽自動車の小さなタンクへ無理やり入れようとしているようなものでしょう。

 

今回の記事で挙げられていた事例に限らず、その選手の目標・競技の特性・年齢・体格・性別・ポジション・練習の量などによって必要なエネルギーの量(≒食事で摂らなければいけない糖質の量)は違います

 

高校球児の例を先にあげましたが、「高校球児なら誰しも3合飯を食べるべきだ」ということではありません。確かにたくさん動けばそれだけ食事もしっかり摂らなければいけませんが、しかし練習の量はチームによってそれぞれです。3合に満たないお米の量でも身体を大きくしたり、エネルギーをしっかり補給するだけの食事を構成することが十分可能なアスリートも多いはずです。

 

手段と目的が混ざらないようにする

この記事に出てくるノルマを課した指導者はきっと「パフォーマンスを上げること」を目的に3合飯を課したつもりでしょう。しかし、結果的にはそれが睡眠時間を削ってしまい、体の不調を起こしかねない指示になってしまっている。この指導者の目的はいつのまにか「3合飯を食べさせること」にすり替わってしまい、パフォーマンスは置いてけぼりになってしまっています。

 

スポーツ界ではトレーニングでも同じようなことが見受けられることがあります。我々も運動指導者として、手段と目的をきっちり抑えたサポートができるようにと自戒させられた記事でした!

 

 

P.S.

 

記事の中ではビタミンの重要性にも触れられていました。それに加えてタンパク質も超重要です。お米ばかりが取り上げられがちですが、タンパク質やビタミンも基本としておさえておきたいですね!

nsosportsgym-sendai.hatenadiary.jp

nsosportsgym-sendai.hatenadiary.jp

 

 

君塚 豪(Go Kimizuka)

NSOスポーツジム

ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ 

パーソナルトレーナー

 

 

//////////////////////////////

NSOスポーツジム

//////////////////////////////

 

 ✔️無料トレーニング体験実施中!お気軽にお問い合わせください。

 

022-299-0240

 

営業時間
9:00~23:00(毎週月曜定休)

 

〒983-0862
宮城県仙台市二十人町302-11 108駅東ビル2〜3階

仙台駅東口徒歩8分・駐車場6台完備)

 

NSO スポーツジム

 

Instagramも更新中! @nsosportsgym